2017年4月19日水曜日

Skin ラグ・アンド・ボーンマン (Rag'n' Bone Man)

Rag'n' Bone Manはどうしてこの曲のタイトルを「Skin」にしたのでしょうか?和訳してみて,この曲の歌詞にはタイトルが出てこないような気がしました。まあ実際にはコーラスに出てきてはいるのですが,あまり目立っていないような気がします。
I wonder why Rag'n' Bone Man called this song "Skin".  After finishing translation, I had an impression that the word was missing from the lyrics.  Well, actually it's not.  You can find it in a line in chorus, which is not very much emphasized.
Skin  (Rag'n' Bone Man)
[Chorus]
When I heard that sound
When the walls came down
I was thinking about you
About you
When my skin grows old
When my breath runs cold
I'll be thinking about you
About you

[Verse 1]
Seconds from my heart
A bullet from the dark
Helpless, I surrender
Shackled by your love
Holding me like this
With poison on your lips
Only when it's over
The silence hits so hard

[Refrain]
'Cause it was almost love, it was almost love
It was almost love, it was almost love

[Chorus]
When I heard that sound
When the walls came down
I was thinking about you
About you
When my skin grows old
When my breath runs cold
I'll be thinking about you
About you

[Post Chorus]
When I run out of air to breathe
It's your ghost I see
I'll be thinking about you, about you
It was almost love, it was almost...

[Verse 2]
We bleed ourselves in vain
How tragic is this game?
Turn around, I'm holding on to someone
But the love is gone
Carrying the load, with wings that feel like stone
Knowing that we nearly fell so far now
It's hard to tell

[Refrain]
Yeah we came so close, it was almost love
It was almost love, it was almost love

[Chorus]
When I heard that sound
When the walls came down
I was thinking about you
About you
When my skin grows old
When my breath runs cold
I'll be thinking about you
About you

[Post Chorus]
When I run out of air to breathe
It's your ghost I see
I'll be thinking about you, about you

[Bridge]
While I reached out for your hand
When the walls were caving in
When I see you on the other side
We can try all over again

[Chorus]
When I heard that sound
When the walls came down
I was thinking about you
About you
When my skin grows old
When my breath runs cold
I'll be thinking about you
About you

[Post Chorus]
When I run out of air to breathe
It's your ghost I see
I'll be thinking about you, about you

[Refrain]
'Cause it was almost love, it was almost love
It was almost love, it was almost love

[Chorus]
あの音が耳に入って
周りの壁が崩れた時も
お前のことを考えてたよ
ただお前のことだけを
年取って肌にツヤもなくなって
息を引き取るその時も
お前のことを考えてるよ
ただお前のことだけを

[Verse 1]
このハートのすぐそばを
暗闇から飛んできた,銃弾が撃ち抜いた
何もできずに白旗揚げた
お前ってヤツの虜になった
こんな風に縛られて
キスするとお前の毒に当てられるけど
それでも終わりになってしまうと
何も聞こえてこないのが,ひどく堪えてくるんだよ

[Refrain]
上手く行きそうだったから,想いが通じるとこだったから
あと少しだったんだ,もうちょっとだったんだ

[Chorus]
あの音が耳に入って
周りの壁が崩れた時も
お前のことを考えてたよ
ただお前のことだけを
年取って肌にツヤもなくなって
息を引き取るその時も
お前のことを考えてるよ
ただお前のことだけを

[Post Chorus]
息が出来なくなった時
浮かんでくるのはお前の姿
お前のことを考えてるよ,ただお前のことだけを
上手く行きそうだったから,想いが通じるとこだったから・・・

[Verse 2]
意味もなくただ傷つけ合っただけ
こんなゲーム悲し過ぎるよ
もうここから抜け出せよ,こうやって相手にしがみついてても
もう終わったことなんだ
背中についた翼はまるで石で出来てる気がしてるのに,そいつで重荷を運んでるから
お互いに今にもダメになりそうだ
どうなるかわからない

[Refrain]
あと少しだったんだ,想いが通じるとこだった
上手く行きそうだったんだ,もうちょっとのとこだった

[Chorus]
あの音が耳に入って
周りの壁が崩れた時も
お前のことを考えてたよ
ただお前のことだけを
年取って肌にツヤもなくなって
息を引き取るその時も
お前のことを考えてるよ
ただお前のことだけを

[Post Chorus]
息が出来なくなった時
浮かんでくるのはお前の姿
お前のことを考えてるよ,ただお前のことだけを
上手く行きそうだったから,想いが通じるとこだったから・・・

[Bridge]
手を繋ごうとしている限り
周りの壁が崩れ落ちても
今のお前が「敵」だって
その気ならお互いに
やり直すことはできるんだ

[Chorus]
あの音が耳に入って
周りの壁が崩れた時も
お前のことを考えてたよ
ただお前のことだけを
年取って肌にツヤもなくなって
息を引き取るその時も
お前のことを考えてるよ
ただお前のことだけを

[Post Chorus]
息が出来なくなった時
浮かんでくるのはお前の姿
お前のことを考えてるよ,ただお前のことだけを
上手く行きそうだったから,想いが通じるとこだったから・・・

[Refrain]
上手く行きそうだったから,想いが通じるとこだったから
あと少しだったんだ,もうちょっとだったんだ

(余談)

この曲では登場する相手を主人公の恋人と想定して和訳していますが,仮にこの曲があのThe Weekndのものであったなら,彼の芸風からして,相手は間違いなく「ドラッグ」でしょう。

それはともかく,このアーティスト名のrag'n' bone man (rag-and-bone man)は,廃品業者,再生資源回収業という意味です。ただ最初はそれがわからず「やせ細って,骨と皮ばかりの (all skin and bone)」という意味だと思っていたため,アーティストの姿を見た際には,てっきり「自虐ギャグ」だと思ってしまいました。

0 件のコメント:

コメントを投稿